性的嫌がらせを受けた過去について

 

誰かに言いたい、理解されたい、慰めて欲しい、守って欲しい……

 

そんな欲求が強くなってきました。

 

これは、身内から実際に性的嫌がらせを受けている時に何も言えず、ただただ我慢していたから数年経った今頃になって

胸の中で負の感情が膨らんできて抑えられなくなってしまったのだろうか。

 

辛い、悲しい、不安で仕方がない

私は幸せになれるのだろうか

 

何故私は生きているのか

まだ苦しみは続くのか

 

今付き合ってる人に話したら理解してくれるだろうか

それとも背を向けられてしまうだろうか

 

何もわからない……

 

誰か助けて欲しい

カウンセリングを勧められたけど大学生の私にはそんなお金もない

 

好きになりたい、信用したいのに男の人が信用出来ない

付き合っている人であっても

 

だからいつも直ぐに別れてしまう

今回もそうなのかな

 

じゃあ私はいつ信じられるようになるのかな

感情がコントロール出来なくて自己破壊願望が強くなった時が一番怖い

本当にコントロール出来なくなる

 

まるで他人事のように自分を見ていて、どんなに危なそうな人にも付いて行ってしまうし、場所にも足を踏み入れてしまう

 

もちろんたった一人で突っ込んでいく

そこで『あ、死ぬかもしれない』と感じた時他人事のように客観視していた自分に意識が戻って

 

『嫌だ、死にたくない!!まだ生きていたい。私は生きているんだ…』

 

と生きている事を強く感じられる。これを感じた時に身体中の感覚が研ぎ澄まされて最高潮の快感を得られる。

 

私はリストカットこそしたことは無いが

この自己破壊願望は自傷行為の一種なんだと思っている。

やめたくてもやめられる自信がない

 

自分でも自分がわからない…どうしたいのかも分からない

ただ、話を聞いて欲しい。大切にしてほしいと強く思う反面

 

どうせ私は幸せになんてなれない、小二の時誘拐されたあの山で殺されていた方がマシだった!!

もうどうでも良い

誰かに人生を滅茶苦茶にされたい。最初から他人の手に生殺与奪の権利を握られていたんだ

私がいま生きていられるのもあの時の誘拐犯が私を殺すという選択をしなかったからだ

私の命ってなんて軽い、無力なものなんだ

 

自分の意思で生きているような気になっているけどふと思い出す、

他人の意志によって生きて行けるか死ぬか決まった命だったんだ

 

価値は薄い

 

ならいっそ最後まで始末して欲しかった。

自分の意志で死ぬんじゃない、誰かの手によって

 

こいつのせいで私の人生は滅茶苦茶になったんだ!!!!!!

と言いたい

 

そんな風に思っていてもいざ死ぬかもしれない場面に立ち会うと怖くて死にたくないって強く思う

 

そうか私はまだ死にたくないんだな、とその時になってやっと分かる

 

 

何もかも人のせいにしたい

私一人で抱えて消化できるほど

もう心に余裕がない。

 

こうしてブログに整理出来てないぐちゃぐちゃな気持ちを書き綴るだけでも少し楽になる。

 

 

 

 

私以外にも同じような気持ちの人は居るのかな

 

最近になって本当に仲の良い友達とか、信頼している先生に打ち明けた

話してる間は思い出して苦しいとか辛いとかは一切無くて

 

むしろ話を聞いてくれてる間、胸の不安やモヤモヤがちょっと軽くなったし心地よかった

 

けどそれはその時だけで時間が経つとまた不安感、焦燥感に苛まれる

話すことによって一時的な心の安定は保たれるが根本的な問題の解決にはならない。

 

 

なんで私が

なんで?

 

そんなことを思ったってだれも答えてくれないし 

自分のことを守れるのも救えるのも自分だけだ

所詮他人に起きたことは他人事だ

世の中理不尽なんだ

そんなことはとっくに分かっているのに

 

いつかいま付き合っている人に全部打ち明ける決心がついたらまたブログを更新しようと思う。

 

今までで最も奇怪なバイト面接。

私は変な人に何故か出遭う確率が高いです。これは絶対です

簡潔に言うと

・誘拐された回数2回

・露出狂に遭った回数6回

他にもトイレで盗撮されそうになった、などなど変な人というか変質者、性犯罪者にとてもよく出遭います。痴漢はもはやカウントしていません。

そしてこの前まじで変な面接を体験したので書こうと思います。

大学の掲示板に貼ってあったバイト募集の紙を見たことがキッカケでした。パソコンを使えるようになりたかったのでパソコンを使う仕事内容に惹かれ応募しました。

 

面接当日…

「こんにちは、電話していた◯◯です。」

面接官「こんには!待ってましたよ!さ、こっちへどうぞ。タイムカードの切り方教えるから切って!」

 

  えーーーもうタイムカードきるのかよ??と思いつつ私はタイムカードを切りました。

  そして奥へ案内されました。

  そのフロアには私と面接官との二人しか居ませんでした。

 

面接官「君、いまそこでお湯沸かしてるからお茶淹れてくれる?」

「はぁ…分かりました。」

  

  面接でお茶を淹れることなんてあるんだな〜と思いながら面接官の座ってるすぐ横のキッチンらしきところに行きお茶を淹れていました。

 

面接官「パソコンは出来る?」

「あんまり出来ないんですが…教えて頂ければ精一杯頑張ります!」

面接官「そう…まぁ大丈夫だよ!ていうか君、かわいいねぇ〜。」

「え??そんな事無いですよ〜ありがとうございます…」

面接官「彼は居るの?」

        ーーこの時ちょっと変だなと思い始める。ーー

「え?居ます…!」

面接官「ふーん、そう。そうだよね」

   「ところで君ってさ、訴えたりするタイプ?」

「え?うーんと…どういうことですか?」

面接官「前バイトに入ってた子でさ〜セクハラで訴えますよ!って言い出した子がいて困ったんだよ。まさか君はそんなこと言わないよね?」

「はい…言わないと思いますけど、、、?」

面接官「で、彼とはいつから付き合ってるの??お茶なんて適当でいいからこっちへおいで!君の大学の話を聞かせて!仕事の話よりそっちの方が面白そうだ。」

 

面接は〜〜〜??そう思いながらお茶を持って面接官の隣に行きました。

 

「◯ヶ月前から付き合ってます。」

面接官「そう、泊まりに行ったりするの?」

「え?いやぁ…」

面接官「お泊まりしまくってるんでしょ?何回お泊まりしたの?」

「いえ、そんなに泊まってません…」

面接官「付き合ったら直ぐに泊まりに行くタイプ?僕は直ぐ行っちゃう!」

 

  しらねーーーーーーよお前の事は!!要らない情報をどうもありがとう!!!!

 

「あ、そうなんですね」

面接官「彼の学年と学科は?」

「◯◯学科◯年です。」

面接官「ほー◯◯学科かぁ!名前はなんていうの?」

「Tって言います」

面接官「そう、Tって言うんだね」

 

 そう言って面接官は私の履歴書に”T”とメモしていました。

 え⁉︎彼氏の名前なんてメモしてどうするの??私はうっかり名前を言ってしまったことを後悔しました。言わなければ良かったのに私はバカだ…

 

面接官「仕事の事を送りたいからLINE教えてもらえるかな?」

「はい…

 

 もはや怪しさマックスだったのでここで引き返せば良かったのですが断る勇気がなく交換しました。

 

面接官QRコードのやり方僕分からないんだけど分かる??」

「あ、えっとーこうしてこうですよ。」

面接官「そうやるのか!!すごい!!忘れないうちにもう一回教えて?」

  

  もう一度教えました。

 

面接官「すごい!こうやるのかぁ〜知らなかったよ!もう一回、もう一回教えて?」

 

  そんなに教えなくても覚えてるだろ…!!

  その面接官は同じ事を聞いてきて6回繰り返し教えました。

 

面接官「すごい!!こうやるのかぁ〜本当すごいよ」

  そうしてだんだん近づいてきて二の腕をポンポンタしてきました。

        ちけぇよ…

面接官「わかった!もう覚えた!すごい嬉しいよ〜出来るようになったからハグしてほしい!」

    …何言ってんだこいつ。

 

「あはは…それはちょっと」

面接官「因みに君の彼氏って怒ると怖い?」

 

 また彼氏の話かよおじさんのくせに大好きだな恋バナ!!

 

「いや、そんな事ないです、優しいですよ?」

面接官「そう、良かった^^あ、LINE送るから追加よろしくね!」

 

 そう言って目がハートマークの顔文字を5個くらい送ってきました。

          きめええぇ!!

 

面接官「こんなこと送ったら彼氏に怒られちゃうかなぁ〜?ふふふ」

「いや…」

面接官「前にバイトの子の彼氏が怒鳴り込んできた事があってさぁ〜まさか君の彼氏はそんなことしないよね?」

 

  前のバイトの子に何をしたんだよお前は!?怖いわ!!

 

「まぁ大丈夫だと思いますけど…」

 

面接官「仕事なんだけど、君はこうしてお茶を淹れてくれてればそれでいいから!それで今日みたいに僕の分からない事教えてほしい。もちろん学校優先で良いし、前日とかに『明日行けます』とか言ってくれれば来て良いし、自由で良いからね」

 

   何そのイージーすぎるバイトは!?時給も1000円超えてるし…

 

「え、良いんですか?分かりました。」

 

   条件は良いけど怪しすぎる…

   すると面接官はカバンをゴソゴソあさってバナナを取り出しました。

 

面接官「バナナ半分こして食べよう?」

 

    !!!????

 

「いえ…お腹いっぱいなので大丈夫です」

 

   意味がわからない………バナナ半分こする面接官とかおかしいでしょ!!!?いやもう全てが変だよ!

 

       ーーーこうして奇怪な面接は終了したーーー

 

面接官「タイムカード切ってね!お金は…今渡しちゃったら、もう来てくれないと困るから来月渡すね!待ってるからね!」

 

「はい…ありがとうございました。」

 

当日採用されましたが、親に話しても友達に話してもヤバイからやめとけと止められたので

もちろん後日辞退しました。

ーーーちょっと面白い事起きそうな気もしたからもったいない気はしたけどね。笑

 

 

これからもこの世にいる変な人に出会ったらブログを更新して行くので見守って下さい!(見てくれてる人居なそうだけど…笑)

 

 

危険な好奇心がやめられ無い

危険な好奇心がやめられ無いという悩みについて以前2ちゃんねるにスレ立てさせていただきました。

 

 

とくに日常的に面白いことが起きるわけでは無いのですが、危険な好奇心がやめられ無い人間目線で日々の出来事を記録に残せたらなと思っております。

暇つぶしにでも見ていただける人が増えてくれたら嬉しいです。

 

 

過去に色々あってこじらせてしまっていることは否定でき無いんですが、普段は本当に何の問題もなく生活できています。

 

長いので全部読むのは大変だと思いますが貼っておきます

時間がある方は読んでみてください↓

 

itest.2ch.net

 

 

最近は今までの私とは打って変わって

家にいるのが一番幸せ。

疲れてしまったのかもしれ無い